薬剤師の求人・転職サイト、おすすめは?

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

本気で転職を考えているなら!

看護師や薬剤師・医師といった医療系のお仕事は、求人数もそれなりにあり、勤務条件・勤務先にこだわらなければ、転職すること自体は難しくありません。

ですが、大したリサーチもせずに転職してしまうと、いわゆる「ブラックな」職場に転職してしまう可能性もあります。そこからまた転職し直すとなると、大変な労力ですし時間も無駄になります。


結局、薬剤師さんが自分ひとりの力で転職活動を成功させようとするのは無理があります。転職が成功するかどうかは情報収集で決まる部分も大きいですが、個人の力では限界があるためです。

そんなとき、上手に活用したいのが薬剤師転職支援サービスです。非公開の転職情報を提供してくれたり、担当者がついて転職支援のアドバイスをしてくれる熱心な会社もあります。

ここでは、薬剤師の大きな味方になってくれる転職支援サイトを紹介します。忙しい毎日を送っている方ほど、活用して頂けたらと思います。

薬剤師の転職サイト人気ランキング(正社員向け)

リクナビ薬剤師
求人大手「リクルート」が運営する薬剤師転職支援サイトです。
求人件数は3万5千件以上、毎日の新着求人が平均30件と、求人件数は業界でも屈指の規模です。早く転職を決めたい人は最短で3日で、じっくり転職活動したい方は「わがままな要求」にも対応してくれるなど、利用者の状況に合わせた使い方ができます。非公開求人も数多く抱えていて、是非登録しておきたい一社です。

m3キャリア
昨年、薬剤師登録者数でNo.1だった薬剤師転職支援サイトです。
魅力の一つは登録求人数の多さ・幅広さで、大手企業から中小の調剤薬局までカバーしており、自分の希望にあった転職先を探すのに最適な転職サイトです。一人ひとりに専門コンサルタントが担当に付き、親身に相談に乗ってくれるのも心強いサポートで、登録者数がNo.1なのも納得のサービスです。

ファルマスタッフ
最近、人気上昇中の薬剤師転職支援サイトです。人気の秘密は熱心な転職支援サポートにあります。転職希望者の一人ひとりに担当エージェントが付き、しっかりとしたヒアリングの元に転職候補先を紹介するため、転職に失敗したと感じる方があまり出ません。ある意味、商売っけのない会社ともいえますが、それだけに信頼できる会社でもあります。

マイナビ薬剤師
マイナビが運営する、薬剤師・転職支援サイトです。公開求人件数は14,000件以上、条件アップ率は87%、利用者の満足度が94%と、まさに業界トップクラスの転職支援サイトといえます。一人ひとりに専任の担当コンサルタントがつき、転職情報以外にも、面接や履歴書の書き方の指導なども親身な対応をしてくれます。 一分で登録が完了するのもうれしいですね。

















薬剤師・転職サイトの上手な使い方

複数サイトへ登録しましょう!

薬剤師の転職活動のカギは、上手な転職サイトの使い方にあります。ポイントは、複数サイトへの登録です。
もちろん、人によってはこうしたやり方に不安を覚える方もいると思います。


「複数サイトを天秤にかけているみたいで申し訳ない」
「そんなに、いくつも登録して収拾がつかなくなりそう・・」


確かに、一つのサイトだけよりも複数サイトの方が、少しメンドウに感じられる方もいるかもしれません。ですが、サイトの複数登録にはデメリットを大きく上回るメリットがあります。


それは、複数の優良な転職情報が入ってくることです。普通に考えれば、一番優良な転職支援サイトに申し込んでおけば、そこから優良な情報が一番多く来ると考えがちですよね。


ですが実際には、2番手・3番手のサイトから一番自分にマッチした転職情報が来るというケースも少なくありません。こうした自分に合った転職情報に出会えるかは、転職サイトに登録した数に比例してその確率は高くなります。


とはいえ、10個から20個も転職サイトに登録すると、さすがにメンドウです。せいぜい3~4個のサイトに登録するのが理想的と言えます。


薬剤師は近い将来、転職しづらくなる?

医療系の資格職である薬剤師は、一般のサラリーマン・OLに較べて転職しやすい(次の職を見つけやすい)ことで知られています。ですが、薬剤師が近いうちに転職しづらくなるのでは?と心配する意見を最近よく耳にするようになっています。


それは、薬剤師の需要に較べて薬剤師の数が増えすぎるせいで、薬剤師の転職先が非常に「狭き門」になるのでは?と心配する声です(もちろん、ブラックな職場ならいくらでも転職先はあるでしょうけど)。

今後、薬剤師の需要と供給のバランスがどうなるかについては以前から議論されてきていますが、まだ専門家の間でも意見の一致がありません。なので、本当に薬剤師の数が増えすぎて就職しづらくなるのかどうかは、本当のところは分かりません(もちろん、その可能性はあります)。

ですが、一つだけ分かっていることがあります。それは、


薬剤師は一旦資格さえ取ってしまえば、適当な仕事ぶりでも安定して年収600-700万の収入を取れる時代ではなくなる


ということです。
ご存じの方は多いと思いますが、以前の薬剤師といえば比較的楽な仕事で、高給とは言えないまでも「そこそこの給料」をもらえる職種として有名でした。ですが、現在ではその状況は変わりつつありますし、今後ますます年収を維持するのは簡単でなくなるはずです。


これは薬剤師の転職事情についても同様で、確かに仕事の中身や給料さえ気にしなければ転職先を見つけるのは難しくないでしょう。ですが、そこそこの給料・仕事内容の求人先を独力で見つけるのはますます難しくなってきています

そうである以上、薬剤師として転職を希望される方は転職支援サイトを積極的に活用すべきです。登録してもお金をとられる訳でもないので、登録することに何の損もありません。むしろ登録しないことによる、情報の機会損失を気にするべきです。

薬剤師専門の転職支援サイトは上記で紹介していますので、よかったら参考にしてください。

 薬剤師のオススメ転職サイトはこちら


その他、お役立ちページ

薬剤師、転職情報を紹介 薬剤師、製薬会社への転職の注意点は?
薬剤師の職場と言うと、一般的に病院や薬局、ドラッグストアなどが挙げられますが、転職先として最近人気が高くになっているのが「製薬会社」です。薬剤師が製薬会社に転職をする場合、どのような点に注意しなくてはならないのでしょうか。

薬剤師の就職先で人気があるのは?
薬剤師の就職先は、病院・薬局・ドラッグストア・製薬会社と大きく4つに分けることができます。それぞれに仕事内容やお給料などの違いはありますが、薬を扱う仕事であることに変わりません。薬剤師の就職先として、最も人気が高いのは一体どこなのでしょうか?

薬剤師の転職年齢、いくつまで大丈夫?
薬剤師の転職で気になることのひとつは、年齢制限ではないでしょうか?
法律で年齢制限は禁止されていますが、実際問題として雇用する側では、年齢もひとつの判断材料です。ここでは薬剤師の転職年齢について紹介します。


病院薬剤師への転職、求人先選びの注意点は?
薬剤師さんは病院への転職を考えている方も多いと思いますが、病院へ転職する際の注意点とは一体なんでしょうか?まずひとつにあるのが、病院は激務であることを心得ておかなければならないことです。患者数も薬の種類も多いので、大変ですがその分やりがいもあります。その他の注意点はこちらからチェックしてみてください。

企業薬剤師、人気の求人先と年収は?
薬剤師と言えば病院や薬局、ドラッグストアといったところでの調剤業務を多くイメージしますが、その他にも薬剤師が活躍する場は多くあります。例えば、化粧品、医薬品、健康食品を扱う企業での品質管理のお仕事です。そういった企業で働く薬剤師の気になる年収と仕事内容とは?

40代の薬剤師転職、注意点は?
薬剤師は国家資格であるために、転職が有利に働く面もありますが、やはり40代ともなれば年齢が気になるところです。40代の薬剤師が転職をする場合、どのような注意点があるのでしょうか?

30代の薬剤師の転職、注意点は?
30代になると、女性薬剤師の場合は結婚や出産で一度離職し、落ち着いた頃に復職したり、男性薬剤師の場合はやりがいを求めキャリアアップのために職場を変える、などと転職の機会が多い年代だと言えます。ここでは、30代薬剤師が転職する際の注意点についてお話致します。


 薬剤師のオススメ転職サイトはこちら



更新情報

copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。